Baby Pajamas

春夏秋冬によってパジャマを変えよう|最適な素材

人気の必須アイテム

バリエーションも豊富

赤ん坊

赤ちゃんが生まれると色々な育児グッズが必要になりますが、その中でも使う頻度がとても多くなるのが抱っこ紐です。
お母さんと密着して肌が触れ合うことで、赤ちゃんもとても安心しますし、お母さんも赤ちゃんの顔を見て抱っこが出来るのでお互い安心ですね。
赤ちゃんと一緒に外出するようになると、お母さんは赤ちゃんの安全に注意しながら外出しなければなりません。
そういった時に抱っこ紐が大活躍します。
赤ちゃんとの外出にはベビーカーが一般的ですが、抱っこ紐もそれと同じように大変人気のあるアイテムです。
抱っこ紐が人気の理由はなんといっても両手がフリーになるということです。
赤ちゃんとのお出かけの際に両手が自由になるので荷物を持つのも楽々です。
また、階段などの段差があるところだとベビーカーでの移動はなかなか大変です。
しかし抱っこ紐の場合は段差があっても気にすることなく、そのまますいすい歩くことが出来ます。
ベビーカーとはまた異なる利点があります。
抱っこ紐は種類によって機能がそれぞれ違いますし、値段もまちまちです。
どういった抱っこ紐が自分にとって良いのか一度考えておくと良いかもしれませんね。
抱っこ紐を選ぶ時には装着のしやすさもきちんと考えておきたいものです。
育児グッズ店では各抱っこ紐が試着できるようになっているので、自分で試着してみて装着しやすいかどうかもチェックしておくと安心です。
また、最近の抱っこ紐はカラーやデザインも豊富なバリエーションがあり、ファッション感覚で選べるのもうれしい点です。

抱っこもおんぶも可能

親子

抱っこ紐とは、赤ちゃんの体を大人の体に固定するための道具です。
具体的には、中心部分に赤ちゃんの体を包むシートがあり、そこから複数のベルトが伸びています。
まずはセーフティベルトですが、これを使うと赤ちゃんの体がシートに固定されます。
そして赤ちゃんをシートごと胸の辺りに抱きかかえて、大人の肩にショルダーベルトを、腰にウエストベルトを着けるのです。
すると、抱っこ紐を介して赤ちゃんの体と大人の体とが密着することになるのです。
通常の抱っこでは両手を使うため、その間は家事などをスムーズに行うことができません。
しかし抱っこ紐を使用すれば、手を使わずに赤ちゃんの体を支えることが可能となります。
つまり抱っこした状態で、炊事や掃除といった作業に専念できるわけです。
さらに抱っこ紐は、おんぶにも使うことができます。
この場合もやはり、リュックサックを背負った時と同じように、両手がフリーになります。
しかも使用している間は、大人の体に密着していることから、赤ちゃんの体が冷えにくくなります。
また、安心感から情緒も安定しやすくなりますし、その分スムーズに眠りに入るので、寝かしつけも楽になるのです。
そのため多くの母親が、育児に抱っこ紐を活用しています。
特に現在では核家族化により、家事の間に祖父母に赤ちゃんの世話を任せる人が少なくなっていますし、一人で赤ちゃんを育てる母親も増えています。
そのことから、抱っこ紐の必要性は高まっていると言えます。

便利な機能や構造

親子

抱っこ紐とは、赤ちゃんを手軽に抱っこするための育児グッズです。
抱っこでは通常は、赤ちゃんの体をしっかりと支えるために両手を使うことになりますが、抱っこ紐は両手の代わりに赤ちゃんを支えてくれます。
つまり抱っこ紐を使用すれば、抱っこ中でも両手を使用できるわけです。
家事や仕事と育児とを両立させることも可能となるので、抱っこ紐は毎日を忙しく過ごしている母親から高い人気があります。
しかも抱っこ紐にはタイプが複数あり、自分にとって最も使い勝手が良いものを選ぶことができるようになっています。
たとえば横抱きができる新生児向けのもの、授乳しやすい対面抱きができるもの、赤ちゃんが景色を見渡すことのできる縦抱き用のものなどです。
また、赤ちゃんの肌を日光から守るためのフードカバーがついている抱っこ紐や、ミルクや玩具などの小物を入れるポケットがついている抱っこ紐もあります。
いずれの場合も、シート部分は赤ちゃんの肌に優しいコットン製となっています。
柔らかい上に厚みがあるので、赤ちゃんはふんわりと包まれた安全な状態になります。
さらに肩ベルトも、抱っこ中の母親の肩こりなどを防止するために、柔軟性のある素材で作られています。
また、コンパクトに折りたたむことができるようにもなっています。
赤ちゃんは成長すると一人で歩くようになりますが、疲れてくると道中で抱っこをせがむことがあります。
そのため普段は持ち歩き、必要に応じて広げて使用できるような構造となっているのです。