Baby Pajamas

赤ちゃんが生まれたら活用したい抱っこ紐!ママを助ける育児アイテム

赤ちゃんに良い眠りを

服にこだわろう

ベイビー

赤ちゃんを育てている人で、特に第一子を育てている人は、いろいろなことが初めての経験で、一体どのようなものを買ったら良いのかわからないものです。
また、起こったことに対してどのように対処すればよいかなど、困ることがたくさんあります。
悩みは大きなものから小さなものまでありますが、小さな悩みの一つとして、赤ちゃんにどのようなパジャマを買ったら良いかということが挙げられます。
赤ちゃんの肌はデリケートなので、その子に合った生地のものを、季節に合わせて購入する必要があります。
例えば冬用のパジャマは、厚手のものが良いです。
さらに、赤ちゃんや小さな子供はよく寝返りをうちます。
また、せっかくかけた布団を蹴るなどしてはいでしまうことも多いです。
そのうちにお腹が出てしまい、寝冷えして風邪を引く、といったことがよく起こりますから、お腹の部分がはらまきタイプになっているものがおすすめです。
はらまきタイプのものはゴムがしっかり入っているので、一度きちんとはかせておけば夜中も安心です。
また、夏場は非常に汗をかきやすいので、汗をしっかり吸収するタイプのものがおすすめです。
生地は綿のものでなるべく薄手のものが、涼しく汗も吸収してくれるのでおすすめです。
 赤ちゃんのパジャマは、赤ちゃん用品専門店をはじめ、スーパーやインターネットの通信販売など、いろいろなところで入手することができます。
自分の子供に合ったもので、気に入ったデザインのパジャマを購入し、赤ちゃんがぐっすり眠ることができるようにしましょう。

素材などをしっかり検討

赤ちゃん

赤ちゃんや子供が寝るときには、心地よいパジャマを着せることが大切です。
大人は、ジャージなどや部屋着をパジャマとして使う人も多いですが、子供は大人よりも多く汗をかきますので、できるだけ汗を吸い、熱を発散させる素材を選ぶことが重要になります。
頻繁に洗濯をするので、洗濯しやすいものがあることもパジャマ選びの基本です。
具体的には、綿素材であるとお手入れも簡単で、余計な装飾が付いていないものがお勧めです。
子供は、寝ている間に何度も寝返りをうち、お腹が出ていたということもよくあります。
最近のキッズパジャマはトップスとズボンのサイドにボタンとボタンホールが付いていて、ボタンを留めることではだけにくく、お腹が出ません。
また、トップス全面がボタンになっているパジャマは、未就園児の着替えの良い練習にもなりなす。
パジャマのボタンは、一般的なシャツのボタンよりは大きく作られていますので、小さな子供の手でも留めやすく、着替えの練習に最適です。
毎晩パジャマを着るので、自然と自分で着脱もできるようになっていきます。
快適なパジャマを着ることは、良い睡眠をもたらすことにつながります。
また、夜に専用の洋服を着ることで、寝る時間という意識をしっかりと身につけることにも役立ちます。
同時に朝は、着替えをし、活動時間であることを理解させましょう。
大人よりも長い時間睡眠をとる子供成長や生活習慣を整えるためにも、よいパジャマを選んでください。

吸水性と通気性

乳児

赤ちゃんは、寝ている間には多くの汗をかきます。
具体的には、皮膚1センチあたりの発汗量は、大人の2〜3倍とされています。
これは、寝る子は育つという言い回しがあることからも分かるように、睡眠中の赤ちゃんの体では、成長ホルモンが活発に働いているからです。
成長に多くのエネルギーが使われる分、汗も多く分泌されるわけです。
したがって赤ちゃん用のパジャマは、汗をしっかりと吸い取る素材で作られたものを選ぶことが大事と言えます。
特に吸水性が良いことで知られている素材は、リネンとコットンです。
どちらも汗に触れると、それをスムーズに吸収します。
さらに通気性も良いので、吸収された汗は空気の流れによって、パジャマから放出されます。
したがってこれらで作られたパジャマを着せれば、赤ちゃんの肌はもちろん布団も、汗でべたつきにくくなります。
汗による不快感が生じにくいので、赤ちゃんはスヤスヤと快適に眠り続けることができますし、それにより成長が一層促されます。
また汗疹も生じにくくなるので、こういったパジャマは、赤ちゃんのつややかな肌を守るためにも役立つと言えます。
特にオーガニックコットンで作られたパジャマは、赤ちゃんの肌に刺激を与える可能性のある化学物質がほとんど含まれていないことから注目されています。
吸水性と通気性に加えて、安全性も高いので、出産祝いの贈り物とされることも少なくありません。
さらに洗濯した場合に乾きやすいので、その点からも育児で重宝されています。